社交ダンスは基礎練習が大切!初心者が上達する練習法とは!?

社交ダンスが上達するには、基礎練習をしっかりやって正しい姿勢を身につける ことが大切です。もう一つ大切なことは、リズム感をつけて音楽に合わせて踊る ことです。 初心者が上手くなるための練習方法やDVD教材をご紹介します。

社交ダンスの種類、大きく分けるとスタンダードとラテンに大別

社交ダンス ラテンアメリカン種目

社交ダンスを始めたころは、できるだけたくさん覚えてダンスパーティで踊りたいと思うものです。

でも、一度にいろいろなダンスを覚えることは難しいので、最初はやさしいものを2~3位覚えてから、徐々に次の踊りを覚えるようにしたほうが、全体的にみて効率的に覚えることができます。

社交ダンスといっても、種類はたくさんあります。

社交ダンスを大きく分けるとスタンダード種目とラテン種目の2種類に大別されます。

今回は社交ダンスの種類についてご紹介します。

●社交ダンスの種類

社交ダンスにはいろいろな種類があります。

大きく分けると、

・スタンダード種目5種目

・ラテンアメリカン種目5種目

に大別されますが、その他にもパーティダンスと呼ばれるものがあります。

パーティダンスとは、ダンスパーティにいくとよく踊られている種目で次のような種類があります。

・パーティダンス

ブルース、ジルバ、マンボ、スクエアルンバなど

これらのダンスは、スタンダード5種目やラテン5種目に比べるとステップが簡単なので、初心者がこちらから学ぶます。

社交ダンスを始める時はブルースやマンボから入ることが多いです。

●スタンダード種目のダンス

社交ダンスの一般的イメージはスタンダード種目かもしれません。

男女はお互いに向かい合ってホールドし、自分が前進すると相手は後退するという反対の動きをします。

男性は燕尾服、女性はロングドレスを着て優雅に踊るさまを想像して、憧れを感じます。

古くからヨーロッパで踊られていたダンスがスタンダード種目になっており、次の5つです。

・ワルツ

・タンゴ

・べニーズワルツ

・スローフォックストロット

・クイックステップ

【ワルツ】

三拍子の音楽にのって優雅に踊るのが、ワルツです。

円舞曲ともいわれてているとおり、右や左に回転しながら踊ります。

スタンダード種目では、人気的存在です。

原則的に3歩を基準に構成されており、第1歩を第1拍の最強アクセントに合わせて踊るのが特徴です。

踊りを円滑にし、優雅にものにするのはライズ(上昇運動)とフォール(下降運動)の動作にあります。

 ワルツの動画

【タンゴ】

タンゴといえばアルゼンチンを代表する音楽で、情熱的で力強い異色の存在です。

ダンスの系列からみればラテン系統に属するものですが、早くからヨーロッパに伝わり踊られていたので、モダン種目に扱われています。

2/4拍子の軽快で切れ味のよいタンゴの曲による踊りで、動き速さやシャープな動きが魅力です。

【べニーズワルツ】

別名ウィンナーワルツとも呼ばれています。

ウィーンの宮廷舞踏会が由来といわれています。

回転が多い踊りで、右回り、左回り、そして右回りと左回りを切り替えるステップだけで主に構成されています。

ワルツと同じ三拍子で踊りますが、テンポはワルツの倍でくるくる優雅に踊ります。

【スローフォックストロット】

緩やかで流れるような動きが特徴の踊りです。

四拍子の曲で、ほとんどが前進と後退で踊ります。

ライズ(上昇運動)とフォール(下降運動)はワルツの動きよりも浅く、小さく、浅くて遠い波のようなイメージ、とぎれのない水の流れのようなイメージです。

ダンスパーティでは、この曲がかかっても踊るのは社交ダンスの上級者クラスです。

簡単なブルースで踊るときもあります。

【クイックステップ】

クイックステップは音楽のテンポが速く演奏されるので、踊りは非常に軽快で明るく楽しいものになります。

スタンダード種目では最も陽気で迫力があります。

ダンスパーティでは、この曲で踊るのは社交ダンスの中級者か上級者です。

ジルバで踊るときもあります。

●ラテンアメリカン種目のダンス

男女はお互いに向かい合ってホールドしたり、離れたり変化を作りながら踊ります。

ラテンアメリカンの曲で踊る情熱的な踊りです。

ラテンアメリカン種目は、次の5つです。

・ルンバ

・サンバ

・チャチャチャ

・パソドブレ

・ジャイブ

【ルンバ】

キューバ発祥のダンスで滑らかでゆったりした動きが特徴です。

男女の愛の切ない心の機微を表現する踊りです。

あるときは濃厚に、あるときは爽やかにと大人のダンスです。

ラテン種目といえば、ルンバといわれるくらいに人気で多くの人が踊るダンスです。

【サンバ】

サンバはブラジルの代表的な音楽の一つで、陽気な曲想です。

打楽器のリズムも効いて、リオのカーニバルそのものをイメージします。

ひざの屈伸運動を利用した弾むような踊りで、にぎやかで陽気な踊りです。

【チャチャチャ】

チャチャとも呼ばれます。

キューバ発祥のダンスで、ルンバとマンボの曲から派生して生まれたとされています。

軽快で歯切れのよいダンスで、男女の駆け引きを表現するように踊ります。

ラテンの種目で人気が高い種目の一つです。

ダンスパーティでは、踊れなけれがマンボでも踊れます。

【パソドブレ】

スペインの闘牛をイメージした勇壮で力強い踊りです。

男性は闘牛士の役割で、女性はケープや牛、ときにはフラメンコダンサーを演じて踊ります。

他のラテン種目にはない、独特な動きがあり、闘牛士が勝つか負けるかの生死をかける緊張感を表します。

パソドブレは、男性が主役の踊りになっています。

【ジャイブ】

スウィングジャズから生まれた陽気な踊りです。

足をあげたり、飛び跳ねるような動きが特徴ですが、スウィングといって振り子のような運動にのって軽快に踊ります。