社交ダンスは基礎練習が大切!初心者が上達する練習法とは!?

社交ダンスが上達するには、基礎練習をしっかりやって正しい姿勢を身につける ことが大切です。もう一つ大切なことは、リズム感をつけて音楽に合わせて踊る ことです。 初心者が上手くなるための練習方法やDVD教材をご紹介します。

社交ダンスで姿勢をよくするための練習方法

良い姿勢

社交ダンス初心者が上達する上で大切なことは、いくつかありますが、最も基本的なことは姿勢を良くすることです。

人の身体は普通に立っているのを横からみると、背骨が真っすぐではなく少し湾曲しているのが普通です。

社交ダンスが楽しく踊れ、見た目にもきれいに見えるには社交ダンスに合った姿勢にする必要があります。

今回は、社交ダンスで姿勢を良くするとはどんなことか、姿勢を良くするための練習方法、姿勢矯正器などをご紹介します。

●社交ダンスで姿勢を良くするとはどんなことか

社交ダンスでいう良い姿勢とはどんなことをいっているのでしょうか?

街に出かけたとき、街を歩く人がどんな姿勢をして歩いているかじっくり観察してみてください。

多くの人は背中が丸くなって、首が前にでてとぼとぼと歩いている感じです。

自分は違うだろうと思っていても、たまにショップのウィンドウに移る自分の歩く姿勢をみるとこのように歩いている自分に気がつきます。

社交ダンスで姿勢を良くするということは、きれいに真っすぐに立つということです。

背骨は横から見るとS字型に湾曲していますので、普通に立つと真っすぐにはならず、
背中の上の方が丸くなり、腰の部分がそってしまいます。

その結果、お腹がでてお尻の下の部分がでっぱります。

社交ダンスでは、頭、首、背骨、骨盤、かかとが一直線上にあるように真っすぐ立つことが大切です。

社交ダンス初心者の内は、真っすぐ立つことが難しいのですが、練習をすることによって真っすぐに立つことができるようになります。

●姿勢を良くするための練習方法

まっすぐ立つ練習方法は、”壁にくっつく”ことです。

あなたは、背中側を壁につけたとき、かかと、お尻、腰、背中、後頭部がぴったりくっつきますか?

もし、腰のうえあたりに隙間があるとまっすぐに立てていないということです。

背中側を壁に付けて身体を動かしていると分かってくると思いますが、真っすぐに立つコツをまとめると次のようになります。

1.お尻の部分を前に出すようにする。

2.お尻の直ぐ上の腰の部分を後ろに出すようにする。

3.背中が丸くならないように、少し胸をはって起こす。

4.首の部分を引き上げるように伸ばす。


いかがですか、真っすぐに正しく立てたかは、背中を壁に付けてみると直ぐに分かりますので自分でも分かります。

真っすぐ立つことができたら、その状態をキープして壁から離れて、ホールドやシャドー練習をしてみて姿勢を維持する練習をしましょう。

●どうしても真っすぐ立てないのなら姿勢矯正器もあり

映画「Shall we ダンス?」でも、主人公が夜の公園で社交ダンスの練習しているとき姿勢矯正器をつけたシーンがあります。

どうしても真っすぐに立つ感触がつかめないという方は、姿勢矯正器や姿勢矯正サポーターなどを使ってみる方法もあります。

姿勢矯正器を使えば、「下を見る」、「顔が前に出る」、「右ひじが引ける」などの悪癖がつかず正しい姿勢がどんなものかを学ぶことができます。

姿勢矯正サポーターなら、アマゾンや楽天などの通販サイトから購入できます。