社交ダンスは基礎練習が大切!初心者が上達する練習法とは!?

社交ダンスが上達するには、基礎練習をしっかりやって正しい姿勢を身につける ことが大切です。もう一つ大切なことは、リズム感をつけて音楽に合わせて踊る ことです。 初心者が上手くなるための練習方法やDVD教材をご紹介します。

社交ダンス初心者の基礎練習は、ポスチャー・ポイズの練習から

社交ダンスの基礎練習

私が最初に社交ダンスに出会ったのは、社会人になってから間もない頃です。

社交ダンスの写真などを見て、自分もこんなふうに踊れたら素晴らしいだろうなと思ったのがきっかけだったような気がします。

幸い通勤の途上に社交ダンス教室があるのが分かり、見学しに行ってそのまま入会しました。

やるのなら早く上達したいとの思いで、毎週のように通いましたが、一番最初に教わったのが踊り方の基本となる姿勢とか立ち方でした。

それが、社交ダンスの基礎練習でポスチャー及びポイズと呼ばれるものであることは後で知りました。

今回は、社交ダンスの基礎となるポスチャー、ポイズとは何か、ポスチャーとポイズの基礎練習について紹介します。

●社交ダンスの基礎となるポスチャーとは?

スタンダードダンスにおいて、最も基本的なテクニックがポスチャーとポイズです。

両方ともあまり耳にしないことばだと思いますので、どんなことを指しているのかを説明します。

先ずは、ポスチャーから

ポスチャーは、英語の”Posture”で日本語では”姿勢”などと訳されていますが、社交ダンスで使うポスチャーは単なる”姿勢”ではなく、もう少し深い意味があります、

ポスチャーは端的にいうと、「床に対して垂直方向に一直線になるようにバランスを取ることで得られる姿勢」です。

もう少し具体的に言えば、「背骨の胸椎の首の付け根の骨(アッパースパイン)が、体重の乗っているの土踏まず、あるいは足と床の接地点と垂直方向にバランスがとれている状態」をいいます。

この状態が正しく保たれることが、ダンスのテクニック以前に最も基本的な条件といわれています。

このような状態を作ることで姿勢や形も美しく見え、またダンスを踊る上でも一番動きやすくなります。

なので、とても基本的でポスチャーが上手くできていないと、正しいダンスではないということもできます。

●ポスチャーと同じに重要なポイズとは?

ポスチャーと並んで、もう一つ基本的なとは”ポイズ”です。

ポイズも英語の”Poise”で、日本語では”釣り合い、バランス”などと訳されています。

社交ダンスで使うともう少し重要な意味を持ちます。

ポイズとは、「足に対する身体(ボディウェイト)の位置の関係で、身体(ボディウェイト)の角度と床の関係」ということができます。

ポイズが正しく保たれることによって、身体のどこにも余計な力をかけない姿勢になり、いつでもどのような方向にも動けるようになります。

●ポスチャーとポイズの基礎の練習

ポスチャーとポイズは、社交ダンスにおける基礎です。

これらの2つを良く理解し、ポスチャーとポイズの違いや作り方ができないと、バランスが保てませんし、大きく動くこともできません。

ですから、社交ダンスの基礎練習としてポスチャーとポイズが上手くできているかを常に意識して日々練習することが重要です。

さらに、ポイズを正しく保つためには、ホールドを正しく行うことが必要であり、逆にいうと正しいポイズを保つ組み方がホールドということができます。

正しいホールドで、ポスチャーとポイズが身体にとって自然にできるようになるまでステップを踏みながら基礎練習をしていきましょう。

基礎練習に際しては、音楽に乗りながらリズム感も一緒に養うことが社交ダンス上達の近道です。