社交ダンスは基礎練習が大切!初心者が上達する練習法とは!?

社交ダンスが上達するには、基礎練習をしっかりやって正しい姿勢を身につける ことが大切です。もう一つ大切なことは、リズム感をつけて音楽に合わせて踊る ことです。 初心者が上手くなるための練習方法やDVD教材をご紹介します。

社交ダンス初心者はシャドー練習すれば上達する!?

 

社交ダンスシャドー練習

社交ダンスを始めたばかりの初心者は、ホールドの仕方やステップ、回転量など覚えることがたくさんあります。

踊るときには相手がいますので、相手に迷惑をかけないように少しでも上達したいという思いは誰しも持っていると思います。

社交ダンス教室で、講師に一緒に踊ってもらっても、個人の上達にはあまりなりません。

レッスンを受けたことを自分のものにしていくためには、シャドー練習が不可欠です。

シャドー練習の重要性を知ってもらうためにも、今回は社交ダンスにおけるシャドー練習とはどんなもの、初心者はなぜシャドー練習が必要なのか、シャドー練習のポイントをご紹介します。

●社交ダンスのシャドー練習ってなに?

シャドーボクシングということばを聞いたことがあるのではないでしょうか。

シャドーボクシングとは、対戦相手が目の前にいると想定して、パンチを出したり、攻撃をかわすなどの練習方法です。

相手がいなくても一人で練習することができます。

一人で練習するものとしては、他にも剣道の素振り(シャドー剣道という人もいます)、テニスの素振りがありますよね。

同じように目の前に組んでいる相手がいることを想定して、社交ダンスの練習をすることをシャドー練習といいます。

初心者のうちは、シャドー練習又はシャドーダンスがいい練習になります。

シャドー練習によって、姿勢やステップ、スウェイど身体全体を動かす感覚を身につけられるからです。

●社交ダンス初心者はなぜシャドー練習が必要なの?

社交ダンスは日常的な動作とは全く別物ですから、動作の練習をしなければ効率的に動けません。

シャドー練習の目的は、身体が効率的に動けるように神経回路を開くことです。

つまり、反復練習を行うことでステップや姿勢、回転量、スウェイ、ライズ・アンド・フォール、リズムなどを身体に記憶させてより少ない労力で再現できる状態にすることです。

また、ウォーミングアップの目的や踊りの理想的なイメージを想像しながらのイメージトレーニングの要素もあります。

●社交ダンス初心者が上達するためのシャドー練習のポイント

シャドー練習は一人で練習することですから、一人でなければ練習できないことを重点的に行うことです。

以下にシャドー練習のポイントをまとめてみました。

・バランスが取れて踊れているか

ダンスは身体のバランスが取れていないと美しく見えません。

ペアで踊っていると相手とのボディコンタクトがあるので、バランスを相手に頼ってしまうことがあります。

バランスを相手側に頼ってしますと動きが固くなりますし、相手の動きの抵抗となってしまいます。

シャドー練習では、1人で踊ってみてバランスが崩れやすいところを重点に練習します。

スタンダードならライズしたやスウェイをつけすぎた時などは、バランスが崩れやすいところです。

シャドー練習でどんなフィガーもバランスが取れるよいになると、ペアの動きもスムーズになります。

・踊る方向や回転量はよいか

ダンスにおけるフィガーはステップの方向が決まっています。

フットワークを意識しながら進むべき方向や回転量を正しく練習します。

社交ダンス歴が少し長い人でも、例えばワルツのナチュラルスピンターンをシャドーでやってもらうと上手にできる人は少ないといわれています。

バリエーションで良く理解できていないなら、ベーシックに戻って理解しましょう。

・音楽のリズムに合っているか

社交ダンスは音楽のリズムを身体の動きで表現することとも言えます。

音楽のリズムに合わせることを相手に頼っていませんか?

1人でも音楽に合わせて踊れるかをシャドー練習してみましょう。

自分の身体が音楽と一体になった感覚になれば、しめたものです。