社交ダンスは基礎練習が大切!初心者が上達する練習法とは!?

社交ダンスが上達するには、基礎練習をしっかりやって正しい姿勢を身につける ことが大切です。もう一つ大切なことは、リズム感をつけて音楽に合わせて踊る ことです。 初心者が上手くなるための練習方法やDVD教材をご紹介します。

社交ダンス初心者は基礎練習が要!ホールド練習のコツとは!?

社交ダンスのホールド

社交ダンスは実際やってみると、こんな簡単そうなことがどうしてできなのだろうと思うことがありませんか。

社交ダンス初心者の方が基礎練習を始めてから最初にぶつかる壁は、ホールドではないでしょうか。

スタンダードをきれいに踊るには、このホールドをしっかり自分のものにしておくこと要で、何度も何度も練習し、身に付いていることが必要です。

今回は、ホールドとはどのようなことをいうのか、正しいホールドのポイント、ホールド練習のコツをご紹介します。

●ホールドとはどのようなことをいうの?

主にスタンダード(モダン)種目を踊るときの男女の組み方で、上半身の枠のことをいいます。

日本語でいうなら、「組み方」になります。

スタンダードでは「ホールドが命」ともいわれています。

ホールドは、パートナーをきれいに踊らせるための枠ですので、踊っている間は正しいホールドを崩さないことが必要です。

初心者のうちは、どうしても肩に力が入ってしまうので肩が上がりぎこちなく見えてしまいます。

ホールドはダンスの種類によっても、違ってきてタンゴを踊るのとフォックスストロットを踊るのではおのずと違ってきます。

以下では、一般的なホールドについてご説明します。

●正しいホールドの保ち方

ホールドの作り方は、肩の力を抜いて両手を水平に開きます。

Tの字ができるような感じです。

次に肘と肩は動かさないで、肘から先を曲げ相手に合わせホールドを作ります。

左手は相手の右手を軽く握り、右手は相手の肩甲骨の下に軽く当てます。

相手を抱き寄せるという感じではなく、女性がいる場所を作るという感じです。

相手はこのホールドの枠に収まりながら、踊ります。

・肩が上がらないようにして、左右の肘は同じ高さ

肩には力を入れないで腕は腹筋や背筋で支え、肘から肩は水平のままになるようにします。

初心者のうちは、肩に力が入るので上がり気味になります。

また、動くとホールドが崩れ肘が上がったり、下がったりします。

また、右手のホールドが緩んだりしますが、踊っているときは常にホールドが変わらないようにします。

ホールドが変わると女性もガタガタしますので、見ていても美しくありません。

正しいホールドをキープして踊ることは、社交ダンスを上達する上で最も大切なことです。

地味な練習になりますが、鏡を見ながらホールドが崩れないように何回もやってみることだと思います。

・左右の肘は体の横でなく、少し前におく

左右の肘の位置を体の横にしてしまうと、女性が入り込む空間がなくなり立つ居場所がなくなります。

なので、左右の肘は体の前に置くようにします。

ホールドを上から見ると、船の形になるようにイメージします。

●社交ダンス初心者のホールド練習のコツ

ホールド練習は前節で説明したポイントを押さえて何度も練習することですが、初心者の内は肩に力が入るので右肩が上がります。

肩が上がる場合は肩の筋肉でホールドを作っているからで、そうしないためには肩甲骨の下の部分の筋肉を使ってホールドを作る練習をします。

背中の筋肉を使ってホールドを作っているかは、肩につながっている関節部分に上から触れてみて軽くへこむ感じになっていればよいといわれていますので、試してみてください。

また、いろいろの人と踊ってみると気が付きますが、ホールドが硬い人と柔らかい人がいることが分かります。

ホールドはガチガチに固めて、金属で固定したようにしないほうが動きがきれいです。

ホールドを固めてしまうと、動きが小さくなり張りのない動きになってしまいます。

ホールドはバネのように、一定の力がかかるとそれに沿って動くようにして、力が元に戻るとホールドもまた元の位置に戻るようにします。

組んで練習する機会があれば、この感覚がつかめるまで何回も練習しましょう。

 

社交ダンスが上達するには「ダンスの要」となる「リズム感」を身につけることも大切です。

こちらの教材を使うと、リズム感を正しく学べ自信がつきます。